9月例会【ガイアフロー静岡蒸留所で学ぶ~起業家の想い~】

令和4年9月30日 久しぶりの遠出の例会を行いました。

目的地は「ガイアフロー静岡蒸留所」…代表の中村様がゼロから「日本産のウィスキー」を作り上げた場所となります。

会員の大澤様のご協力による実現した例会です。本当にありがとうございました。(出発前の抗原検査及び車内の感染予防対策を行っております)


到着後、最初に「見学ツアー」をしていただきました。

静岡の木材をふんだんに用い、自然と一体になった蒸溜所で、静岡らしい味わいのウイスキー造りの現場を見学。軽井沢ウイスキー蒸留所から移設された設備や、世界初の静岡産日本杉製の発酵槽等…施設内を見学します。係の方が丁寧に説明もしていただけました。


これが、「世界初の静岡県産日本製の発酵槽」!

丁寧に説明をしていただいたあとには、「香り」を楽しめます…

その匂いのリアクションは…

※ 実際にご体験ください。


そして、世界で唯一と言われる薪の火で蒸溜するポットスチル。他では見ることのできない、静岡蒸溜所ならではの光景は「素晴らしい」の一言です!


最後は「熟成庫」…会員の方の樽が数千!!その景色は圧巻です!しかも、現在新しい「熟成庫」も建造中でした。


そして、「見学ツアー」終了後は、いよいよ代表「中村 大航(なかむら たいこう)様」による講演です。今回は残念ながらリモートでの講演となりました。

家業である精密部品製造会社の代表時代に、海外視察時に小規模のウィスキー蒸留所を見て、ウイスキーを自らの手でつくることを決意。精密部品製造とウィスキー蒸留所の運営の二束わらじからウィスキー蒸留所一本へ…。そこから最初に行なったウイスキーの輸入販売事業時の従業員との苦労したお話や現在の場所の選定や建築時の様々な課題等、非常に詳しくお話しいただきました。

個人的には言葉では表せないのですが中村代表の「熱い想い」を感じることができたことに非常に感謝しております。長い年月をかけて、様々なことに挑戦していく姿勢に感銘を受けました!また、質問コーナーでの「お金の話」等もここまで答えていただけるのか!?と驚きました!

中村代表、誠にありがとうございました!!!



そして、最後はお楽しみの方も多かった「試飲タイム」

すでに販売終了している「ウィスキー」も試飲できるので貴重な体験と味わいを楽しむことが出来ました。

全員で記念撮影をし、「ガイアフロー静岡蒸留所」を後にしました。


そして、静岡で海の幸を堪能し岐路につきました。



青中倶楽部としても、数年ぶりの遠出の例会となりました。

個人的な感想ではありますが、様々なことを体験するということの重要性を感じた例会でもありました。山梨を中心に活動する団体だからこそ、様々な場所に赴き、体験を通して感じたことを山梨、各団体、各企業に戻していくことこそが大事だと感じました。


中村代表、ガイアフローの皆様、そして改めて、ご理解、ご協力していただいた皆様に心より感謝いたします。

本当にありがとうございました!!

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示