全体
9月例会報告★情報提供委員会★「カーリング体験で、技術習得の難しさ、大切さを学び、その上で個々の力を合わせるチームワー クの大切さを学ぶ」

情報提供委員会が開催した9月例会は、何と【カーリング】です。
「カーリング体験で、技術習得の難しさ、大切さを学び、その上で個々の力を合わせるチームワークの大切さを学ぶ」をテーマに山梨県カーリング協会のみな様のもとカーリング体験を行いました。

 

 

「深いね!」

 

 

「そうだねーー。」

 

 

ということで
小瀬スポーツ公園 アイスアリーナで開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、委員長から事業の説明がございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、体操です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、技術練習を開始しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にカーリングやってみます。(練習試合です)

ちょっと、さまになってる気がしますねw。

 

 

普段、トイレも磨かないのに、今回は、一生懸命磨いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チームで作戦を練りながら試合を進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に委員長のコメントです。
「カーリング体験で、技術習得の難しさ、大切さを学び、その上で個々の力を合わせるチームワークの大切さを学ぶ」をテーマに山梨県カーリング協会の米谷会長をはじめ全8名の指導員の方に懇切丁寧にご指導をいただきました。すばらしいご指導と、会員の皆さんの集中力で、ほぼ全員が初めての体験だったにもかかわらず、2時間という短い時間で練習試合ができるようになるまでに成長できました。技術習得は難しいものの、教え方がいかに大切であるかを実感させられました。また練習試合の中では、プレイヤーみんながそれぞれ役割をもって、コミュニケーションを取りながらプレイするため、チームワークの大切さを学びました。また、会場の都合で平日の午前中という時間帯になってしまいましたが、結果的にはスポーツで汗を流して、午後から通常業務を行う今回のような例会の在り方も、健康経営が叫ばれる現代にマッチした新しい例会の在り方として、今後も検討の価値があるのでは、と感じました。

 

 

 

 

 

そして、集合写真。
みんな達成感ある顔してますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お疲れさまでした。